どのような目的で利用するか

声優

声優になるためには、従来は専門学校に通うのが一般的でした。現代でも、たくさんの占有養成学校がありますので、そこに通うのも一つの方法と言えます。ですが、中学生ぐらいからある程度自分の将来が固まっており、声優になりたいとしたら高校時代からその勉強しておくとよいでしょう。では、高校でそのような勉強をすることができるのか問題になりますが、普通科ではなく特集な学科ならば勉強することが可能になります。そのようなものを勉強して、結果的に将来的に声優になることができれば利用する目的は達成できたといえるでしょう。ただ、自分の将来がまだ中学生ぐらいで分からないことがほとんどあるはずです。その場合には、とりあえず自分が好きそうな分野に進むという意味で声優の高校に入学してもよいです。

どのような種類があるか

女性

声優の養成する高校は、大きく分けて全日制と通信制があります。全日制の高校に関しては、通常の授業も行いますが1週間に10時間ぐらい声優に関する勉強に当てます。これにより、結果的により多くの勉強することができて、だれよりも早く基礎を身につけることが可能になるでしょう。この場合、全日制ならば数学や英語などの科目を勉強するのか問題になりますが、これは普通高校と同じように勉強していくのが決まりになっています。そうだとすれば、例えば高校二年生になった時大学進学に切り替えた場合でも比較的すんなりと大学進学の勉強をスタートすることが可能になります。もし普通科がある場合にはそちらに編入してもよいです。ただ、編入する場合でも編入に関する試験があるためそのことを頭に入れておかなければいけません。全日制の場合は、公立よりも私立の方が声優を養成する学校は多くなります。

通信制の場合

声優

通信制高校の場合には、昼間は社会人として働きあるいはアルバイトとして働き夕方以降に高校の授業を受けることが多くなります。基本的に自宅で受けるため、しっかりとした目的が必要になるところです。目的が明確でないと、何となく授業を受けたり受けなかったりする日々が続き、しまいには勉強から離れてしまうかもしれません。明確な動機とは、例えば今の会社ではなくやはり自分も声優として輝きたいと考えている場合や、社会人になってはみたものの、アニメを見て声優にあこがれた場合などです。このように、明確な目的があれば通信制でも十分続けていくことができるでしょう。全日制と異なり、4年間通わなければならないことがあるためその点は頭に入れておくべきです。