HOME>トピックス>基礎からはじめて様々な技術を習得することができる

目次

  • マンガは日本の代表的な文化のひとつで、多くの人に楽しませてくれます。そしてマンガ家になるには専門学校で学ぶのがおすすめです。専門学校で学ぶとプロとしてやっていくための様々な技術を身に着けることができます。基礎から初めて画力や面白いストーリーを考えたり、キャラクターを生み出す力などを学ぶことができます。またプロの編集者やマンガ家の講義を直接聞くことで、プロとしての心構えを教えてもらうことができます。さらに設備も充実した教室で腰を据えてマンガの勉強に取り組むことができます。専門学校では生徒一人一人の個性を伸ばして、将来マンガの世界で活躍できるように育ててくれます。

  • マンガの専門学校での授業では、まずキャラクターや背景の描き方からコマ割りやストーリーなどの基礎を教えてくれます。それから次の段階では、アイデアの生み出し方や世界観や具体的なシーンの描き方などを学んでいきます。またイベントを開催して作品の販売も行います。

  • マンガの専門学校を卒業すると大手出版社など業界への就職への道が開かれています。またプロの漫画家としてデビューした卒業生もたくさんいます。それからマンガの専門学校では、奨学金制度や学費免除などもあるので活用することです。マンガの専門学校では興味にある方は、資料を請求すれば無料で送ってくれます。また体験入学もできます。